RSS|archives|admin

子どもの成長を促す日常生活

2008.03.18 Tue
今日のベビーマッサージの講座は「子どもの成長を促す日常生活について」でした。
もともとほ乳動物は4本足歩行ですが、
何億年もの時間をかけて人間は2本足で歩くように進化しました。
何億年もかけて習得してきた事を人間の赤ちゃんは1年~1年半くらいで習得します。
そのくらい、乳幼児期の成長の変化は著しいです。
この時期にどんな環境で育て、どんな刺激を与えるかによって
今後の脳や神経系の発達にも関わってきます。
例えば、赤ちゃんの神経は上の方から順番に発達していくので、
ベビーマッサージでは頭や首に優しい刺激を与える事で発達を促し、
お産のストレスも和らいでいきます。
また、身体的な成長において最も大事なポイントになるのが、
首のすわり、3ヶ月までの体重の増加です。
4ヶ月までに首がすわらなかったり、3ヶ月における体重増加が思わしくなければ、
一度生活環境について見直してみて、必要であれば専門医に相談する方がいいかもしれません。
赤ちゃんにとって穏やかな生活環境を整えてあげる事、
まずは睡眠のサイクル、昼夜の区別をつけてあげる事が
成長を促すことにつながっていくようです。

Theme:早期教育・幼児教育 | Genre:育児 |
Category:baby massage | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<ケーススタディー | HOME | 鉄道教育>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://shantimommy.blog27.fc2.com/tb.php/7-ee918d4b